FC2ブログ

現役、OB会の各種情報をお知らせします。

春季県大会4位、2年連続夏シード権獲得

本校の試合会場:どらパー米子

◎2回戦(4月22日)
鳥取西
000 002 1=3
000 131 5x=10
米子東
(7回コールド)
(米)森下-福島悠(鳥)中野大、中野魁、寺坂-山澤
▽本塁打 遠藤(米)
▽2塁打 遠藤、土岐2(米)山澤(鳥)

◎準々決勝(4月28日)
米子東
002 000 020 000 5=9
001 000 003 000 2=6
米子松蔭
(延長13回、13回タイブレーク)
(東)森下-福島悠(松)坂越、南野、辰己-冨田、坂田
▽本塁打 中谷(松)
▽2塁打 諸遊、鶴田、福島悠(東)坂田、安田、宗石(松)

◎準決勝(4月29日)
米子東
000 000 0=0
002 402 ×=8
八頭
(7回コールド)
(米)本多、川崎-福島悠、舩木(八)前田-杉川
▽本塁打 金澤(八)
▽3塁打 畑(八)
▽2塁打 土岐(米)金澤(八)

◎3位決定戦(4月30日)
鳥取商
010 103 210=8
400 100 200=7
米子東
(米)森下、本多-福島悠(鳥)松本、岡村、小笹-山下

2回戦は2年連続となる鳥取西との伝統校対決。9番遠藤の本塁打などで着実に加点し、コールド勝ちを収めました。同校との公式戦での対戦でのコールド勝ちは、平成元年春以来、2度目です。また、この試合では1年生の土岐、岡本が先発出場しました。1年春の出場は、2010年、當別當OB(109期)以来、1年春の先発出場は、2009年、足立OB(108期)以来です。1年春の2人以上先発出場は、記録不明です。異例づくしの記録となりました。

準々決勝は昨年夏秋王者の米子松蔭戦。9回に追いつかれるも、粘りの守りで延長に入ってからのピンチを切り抜けます。県内公式戦初のタイブレークとなった13回、諸遊や本多の適時打、重盗などで大量点を挙げて逃げ切りました。

準決勝では、八頭の変則右腕の前田投手の前に、散発3安打に終わり、完敗を喫しました。県大会でのコールド負けは、2012年秋準々決勝鳥取西戦以来、6年ぶりでした。

3位決定戦の鳥取商戦では、投手陣の連日の疲労もあって、初回の大量点を守り切れず、逆転で敗れました。2年連続の山陰大会出場はなりませんでした。
とは言え、昨夏の先発メンバーが不在で、経験不足は否めない中、1年生の活躍もあり、2年連続の夏のシード権を獲得しました。第100回となる夏、さらなる飛躍に期待します。

残りわずか、がんばれ米東球児!

444.jpg

445.jpg

446.jpg
プロフィール

米子東高校野球部OB会事務局

Author:米子東高校野球部OB会事務局
事務局を中心に更新します。公式ホームページとあわせてタイムリーな情報提供を心がけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR