FC2ブログ

現役、OB会の各種情報をお知らせします。

春季県大会2回戦vs境

連日打線爆発 境を圧倒、8強に名乗り


2回戦は本校OBの坂口監督率いる境との対戦です。

◇2回戦@倉吉市営関金
 境   000 00 =0
米子東 461 0X =11(5回コールド)
(米)松井、圓山-山脇(境)川井、佐名木-福岡
▽2塁打 森下、高雄、山脇(米)

 【本 校】  打安点
(6) 森 下 320
(5) 徳 田 100
(2) 山 脇 111
(9) 権 田 332
(3) 高 雄 323
(7) 松 本 101
(4) 岡 田 323
(8) 福 本 301
(1) 松 井 210
 1  圓 山 110 ※記録はすべて非公式です。


 本校は1回、森下が前日から5打席連続の長打となる右中間突破の2塁打で出塁すると、4番権田が中前適時打を放って先制。高雄の適時打、松本のスクイズ、岡田の適時打と打線がつながり、この回4点を挙げます。2回にも権田、高雄、岡田の適時打などで6点、3回にも山脇の右中間最深部への当たりで1点を追加しました。
 守っては松井、圓山のリレーで危なげなく零封。特に岡田、森下の二遊間が安定し、2回以降3塁を踏ませませんでした。
 相手校は怪我人が出ており、万全の布陣ではなかったようですが、昨日に続き打線の好調を証明する試合となりました。
 準々決勝は、昨年春夏連続甲子園に出場したメンバーが残る鳥取城北に打ち勝った八頭との対戦です。これまでの2試合とは違った戦い方が要求される場面もあるでしょう。夏の勝利を見据えた試合運びを期待します。



199.jpg
△初戦に続き安定した投球を見せた松井

200.jpg
△連続打数安打は6でストップしたものの、この日も2安打を放った森下

201.jpg
△救援し2回を抑えた圓山
プロフィール

米子東高校野球部OB会事務局

Author:米子東高校野球部OB会事務局
事務局を中心に更新します。公式ホームページとあわせてタイムリーな情報提供を心がけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR