FC2ブログ

現役、OB会の各種情報をお知らせします。

春季県大会準々決勝vs青谷

互角の勝負 青谷振り切り15季ぶり中国大会切符


中国大会出場を賭けた準々決勝は、岩美を破って久々に8強に進出した青谷との対戦です。

◇準々決勝@倉吉市営
青 谷 003 000 000 =3
米子東 000 301 00× =4
(米)野坂-森田健(青)岡村一、伊井-岡村友
▽2塁打 上川、森田健(米)

 【本 校】  打安点
(9) 福 本 100
(3) 高 雄 300
(8) 徳 田 410
(7) 松 本 321
(5) 上 川 320
(2) 森田健 412
(1) 野 坂 400
(4) 坂 根 300
(6) 山 下 000
 6  上 坂 300 ※記録はすべて非公式です。

 本校は序盤、青谷の先発・岡村一の術中にはまり、打者一巡で走者を出すことができません。一方3回、平凡な守備機会での失策が3つ重なって青谷に簡単に3点を献上し、苦しい展開となります。

 4回、本校は先頭の福本が死球で出塁。高雄が送った後、松本、上川、森田健の3連打で同点に追いつき、6回には左前安打で出塁した徳田が進塁し、暴投で生還。結局これが決勝点となりました。

 昨日の森田康に続き、この日の野坂も落ち着いた投球をみせて完投。与四死球も少なく、安心して観ていられる内容でした。

 攻守の要・森下が2回戦での故障の影響で先発を外れたことから、打線、守備ともリズムを失っていました。打線も相手投手の緩い球に本来のスイングさせてもらえませんでした。

 2004年秋以来15季ぶりの中国大会出場を決め、夏のシード権を獲得。経験を積む舞台は準備されましたが、準決勝以降へ向け不安要素は山積しています。

139.jpg
△力投する本校先発の野坂

140.jpg
△4回裏本校2死3塁、松本が左前適時打を放ち1点を返す

141.jpg
△久々の中国大会出場を決めた
スポンサーサイト



プロフィール

米子東高校野球部OB会事務局

Author:米子東高校野球部OB会事務局
事務局を中心に更新します。公式ホームページとあわせてタイムリーな情報提供を心がけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR