FC2ブログ

現役、OB会の各種情報をお知らせします。

西宮市が大震災後の甲子園出場記念品を贈呈へ

 西宮市が、1995年選抜から96年選抜の3大会に出場した選手に、当時大震災からの復興を優先し渡せなかった出場記念品を贈ることに決めたそうです。本校の96年選抜出場メンバーにも贈られることになりそうです。
 以下は朝日新聞の記事全文(注:下線は引用者)。

----------------------

兵庫県西宮市は、1995年1月の阪神大震災の直後に市内の阪神甲子園球場で開催された高校野球の3大会に出場した選手らに、当時は渡せなかった出場記念の品を贈ることを決めた。

 市は60年度以降、甲子園に出場する高校球児や監督らに、写真たてや写真アルバムなどを贈っているが、95年の春の選抜大会と夏の選手権大会、翌年春の選抜大会では、復興を優先して記念品を渡せなかった。市は2011年度予算に、この3大会に出場した計113チーム、約2400人分の記念品の費用約340万円を計上した。

 市の担当者は「あのとき、一生懸命プレーする球児から勇気をもらった。ずっと気がかりだったが、やっと恩返しできる」としている。

 河野昌弘市長は「西宮の街の復興を報告するとともに、観光誘致にも生かしたい」と話している。

 当時の大会に出場した球児の中には、大リーグ・カブスの福留孝介選手(PL学園)やヤクルトの藤本敦士選手(育英)らがいる。(五十嵐聖士郎)

asahi.com(朝日新聞社):阪神大震災直後で幻の記念品 甲子園出場選手らに贈呈へ
スポンサーサイト



プロフィール

米子東高校野球部OB会事務局

Author:米子東高校野球部OB会事務局
事務局を中心に更新します。公式ホームページとあわせてタイムリーな情報提供を心がけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR