FC2ブログ

現役、OB会の各種情報をお知らせします。

秋季県大会 準々決勝敗退

秋季県大会(9月23、25、26、28、29日、鳥取市ほか)

◎2回戦(9月25日、コカ・コーラ)
米子高専
000 300 0=3
220 005 1x=10
米子東
(7回コールド)
(東)岡本、舩木佑-長尾駿
(高)石田、瀬崎-寺澤
▽3塁打 岡本、遠藤想(東)

◎準々決勝(9月26日、コカ・コーラ)
米子東
101 000 100=3
101 000 20×=4

(米)山内、土岐-長尾駿
(境)高塚-梶谷
▽2塁打 平野2(境)

初戦は中盤に引き離して押し切ったものの、3季連続となる中国大会への出場をかけた準々決勝は、得点するもすぐに追いつかれる展開。決勝点もミスで献上し、力不足を露呈する結果となりました。
チームを牽引した3年生が引退し、一からの組織づくりが必要となります。そして、全国で戦うための技術向上をめざし、冬の練習に向かいます。
ご声援誠にありがとうございました。
スポンサーサイト



2019年10月01日 | 大会 | トラックバック(0)件 |

選手権大会 ご支援、ご声援誠にありがとうございました

選手権大会(8月6日~22日、阪神甲子園球場)

◎1回戦(8月8日)
米子東
000 001 000=1
000 103 31×=8
智弁学園和歌山(和歌山)
(米)森下、山内、土岐-長尾駿(智)池田、小林-東妻
▽3塁打 東妻(智)
▽2塁打 池田(智)

59年ぶりとなった、春夏連続の甲子園。
中盤まで、本校・森下、智弁和歌山・池田投手の投手戦となりました。本校も140キロ台をコンスタントに計測する本格派投手に食らいつき、山内の適時打で6回に同点に追いつきます。
その後は、相手打線の反撃に遭い、失点を重ねました。日本一に向けて、まだまだ上がいる・・・そう痛感させられる試合でした。

センバツに続き、満員のアルプスから、ご声援をいただき、誠にありがとうございました。

数少ない3年生を中心に、最後までよく戦い、野球部に大きな財産が残りました。1、2年生が、さらに上を目指し、これから戦っていきます。今後とも、ご支援、ご声援の程、よろしくお願いいたします。

朝日新聞 米子東エース、5回まで1失点 智弁和歌山の強力打線に

選手権鳥取大会 28年ぶり優勝

選手権鳥取大会(7月13日~27日、どらパー米子)

◎2回戦(7月16日、どらパー米子)
鳥取中央育英
000 000 0=0
230 020 ×=7
米子東
(7回コールド)
(米)森下、山内、土岐-長尾駿
(鳥)中本-山下
▽本塁打 岡本、福島悠(米)
▽2塁打 岡本、諸遊(米)永田(鳥)

◎準々決勝(7月23日、どらパー米子)
米子松蔭
000 010 000=1
140 000 00×=5
米子東
(東)森下、山内、土岐-長尾駿
(松)佐々木、泉谷、横山-矢谷
▽3塁打 山内(東)
▽2塁打 岡本、土岐(東)

◎準決勝(7月26日、どらパー米子)
倉吉東
001 000 000=1
001 020 30×=6
米子東
(米)森下、山内、土岐-長尾駿
(倉)日野、福庭、政門、日野-竹信
▽本塁打 山内(米)
▽2塁打 山内(米)

◎決勝(7月27日、どらパー米子)
鳥取城北
102 001 010=5
201 000 12×=6
米子東
(米)森下、山内、土岐-長尾駿
(鳥)別所、成田-大成
▽本塁打 岡本(米)山田(鳥)
▽2塁打 山内、長尾駿(米)

★優勝(選手権大会出場28年ぶり14回目)

点差ほどの実力差はなく、どの試合も簡単にはいかない試合となりましたが、選手たちは、いつも通り、終始自分たちのペースで試合を運びました。
決勝では、持ち味の粘り強さを発揮し、終盤に逆転。シーソーゲームを制し、28年ぶりの夏を掴みました。

今年のチームだけではなく、これまで野球部を築き上げてきた皆さんの力の結集がこの大会だったと思います。
これからも、さらに上を目指して戦っていきます。

春に続き、甲子園でのご支援、ご声援の程、よろしくお願いいたします。

520.jpg

521.jpg

522.jpg

523.jpg

524.jpg

山陰大会 49年ぶり優勝

山陰大会(7~9日、松江市)

◎2回戦(8日、松江市営)
鳥取商(鳥取県3位)
000 100 00=1
100 210 13x=8
米子東
(8回コールド)
(米)岡本、土岐-長尾駿(鳥)松岡、山根-森本
▽本塁打 岡本(米)
▽2塁打 山根(鳥)福島悠、岡本、山内(米)

◎決勝(9日、松江市営)
大社(島根県1位)
200 010 000=3
000 120 03×=6
米子東
(米)山内、土岐-長尾駿(鳥)北野、三ヶ尻、茶山、渡部-渡邊
▽2塁打 小村、今岡(大)

本校は県大会準決勝でも対戦した鳥取商に、岡本の投打にわたる活躍などもあり8-1で勝利、決勝に進出しました。
大社との対戦となった決勝、2点を追う本校は5回、敵失で1点差とした後、山内が左中間に運んで同点。8回には、岡本、土岐の内野ゴロの間にそれぞれ1点の後、本多が三塁線バント安打を決めてリードを広げました。先発・山内は被安打9、与死球2で9回2死まで粘り強く投げました。

49年ぶり2回目の優勝となりました。中国大会の大敗を払拭する活躍でした。
ご支援、ご声援誠にありがとうございました。

510.jpg

511.jpg

512.jpg

513.jpg

春季中国地区大会 1回戦で敗退

春季中国地区大会(6月1~3日、三次市)

◎1回戦(1日、みよし運動公園)
米子東
000 10=1
043 04x=11
広島商(広島県1位)
(5回コールド)

初回を三者凡退で終えた先発・森下でしたが、2回以降連打を浴びるなどし失点。土岐へリレーするもののサヨナラ負けとなりました。打線は4番・岡本の左翼席上段へのソロによる1点に抑えられ、反撃できませんでした。

夏へ向け、一層の踏ん張りに期待します。ご支援、ご声援、誠にありがとうございました。

505.jpg

506.jpg

507.jpg

508.jpg

509.jpg
プロフィール

米子東高校野球部OB会事務局

Author:米子東高校野球部OB会事務局
事務局を中心に更新します。公式ホームページとあわせてタイムリーな情報提供を心がけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR