FC2ブログ

現役、OB会の各種情報をお知らせします。

春季県大会 20年ぶり優勝

春季県大会(4月20、21、27~29日、鳥取市ほか)

◎2回戦(4月21日、コカ・コーラ)
米子北
002 000 0=2
101 340 ×=9
米子東
(7回コールド)
(東)森下、土岐-長尾駿
(北)岡田大、岡田基、松田、宮地-山根
▽2塁打 森下、山内(東)福井(北)

◎準々決勝(4月27日、コカ・コーラ)

000 00=0
1200 0×=12
米子東
(5回コールド)
(米)森下-長尾駿
(境)岩本、手島-足立
▽2塁打 森下、岡本2、福島悠(米)

◎準決勝(4月28日、コカ・コーラ)
鳥取商
000 000 100=1
030 001 00×=4
米子東
(米)山内、土岐-長尾駿
(鳥)山根、松岡-鍵井
▽3塁打 山内(米)
▽2塁打 高橋(鳥)

◎決勝(4月29日、コカ・コーラ)
鳥取城北
010 200 001=4
032 000 01×=6
米子東
(米)山内、森下、土岐-長尾駿
(鳥)田渕、成田-大成
▽3塁打 大成(鳥)
▽2塁打 平山2(米)

◇優勝チームに与えられる春季中国地区大会(6月1日~、広島県三次市)への出場権を獲得(2季連続36回目)。
◇上位3校に与えられる山陰大会(6月7日~、島根県松江市)への出場権を獲得(2年ぶり19回目)。
◇上位4校に与えられる選手権鳥取大会のシード権を獲得。

全大会を通じ、平成11年春以来の県大会優勝を果たしました。平成最後の県大会王者です。
主力を欠く中、公式戦初出場となった選手らが複数安打を放つなど結果を残し、また、投手陣も森下に次ぐ2年生が台頭、継投で繋ぎました。
夏に聖地に戻るための絶対的な力をつけるため、普段の練習、練習試合はもちろん、中国、山陰大会で経験値を増し、チーム力を底上げし、夏に向かいます。
ご声援誠にありがとうございました。

500.jpg

501.jpg

選抜大会 ご声援ありがとうございました

選抜大会(3月23日~4月3日、阪神甲子園球場)

◎1回戦(3月24日)
米子東
001 000 000=1
103 000 00×=4
札幌大谷(北海道)
(米)森下-長尾(札)太田-飯田
▽本塁打 北本(札)
▽3塁打 石鳥(札)

23年ぶりの聖地。
選手たちは、普段通り、自分のすべき役割を果たしてくれました。
相手投手の術中にはまり4安打に封じられ、反撃できず試合終了となりました。
満杯のアルプススタンドから、大きなご声援をいただき、誠にありがとうございました。

夏へ向け、戦いは続いています。今後とも、ご支援、ご声援の程、よろしくお願いいたします。

毎日新聞 1回戦 見せた、粘りの米東 若鮎、健闘に拍手 /鳥取

選抜大会出場が決定!

 1月25日、選抜大会選考委員会が毎日新聞大阪本社で行われ、本校野球部が選出されました。23年ぶり9回目の春切符となります。この日放課後、田中校長先生から、野球部に選出の報告がありました。

 これまでいただきました、ご支援、ご声援に心より感謝申し上げます。今大会でも変わらぬご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

 平成8年選抜大会2回戦で敗退してから、この日で実に8,333日。県大会6大会連続初戦敗退(平成11年夏~13年春)、選手権鳥取大会6年連続初戦敗退(20年~25年)など、冬の時代を乗り越え、ようやく甲子園に米子東が戻ります。

 これまで涙を流してきたOB、関係者、地域の皆さんの思いを背負い、桧舞台での躍動を期待します。

495.jpg

496.jpg

選抜大会21世紀枠 県推薦を受けました

来春選抜大会の21世紀枠県推薦校に、本校が初めて選ばれました。
16日、本校グラウンドで表彰式が行われ、福島康太主将が表彰状を受け取りました。

学業と部活動の両立、継続的な野球普及活動等が評価されての推薦です。

今後も、推薦していただいたことを誇りに、活動を進めていくことを期待しています。

478.jpg
2018年11月26日 | 大会 | トラックバック(0)件 |

秋季中国地区大会 23年ぶり決勝進出!

秋季中国地区大会(10月26~28日、11月3、4日、倉敷市)


◎1回戦(10月26日、岡山県倉敷スポーツ公園)
開星(島根県3位)
020 000 040 0=6
001 012 020 1x=7
米子東
(延長10回)
(米)森下-長尾(開)岡山、田中、澤田-引野、青笹
▽3塁打 岡本(米)
▽2塁打 福島康、森下(米)山本2、内田(開)


◎2回戦(10月28日、倉敷市営)
倉敷商(岡山県1位)
101 200 020=6
010 013 30×=8
米子東
(米)森下-長尾(倉)木村、小原、安井-岡田
▽本塁打 橋本、原田(倉)
▽2塁打 福島悠(米)木村、祢屋(倉)


◎準決勝(3日、岡山県倉敷スポーツ公園)
米子東
000 111 000 000 3=6
001 000 101 000 2=5

(延長13回、13回タイブレーク)
(米)森下-長尾(呉)沼田-秋山
▽3塁打 沼田(呉)
▽2塁打 山内、福島悠2、福島康、岡本、土岐、森下(米)秋山、上垣内(呉)


◎決勝(4日、岡山県倉敷スポーツ公園)
米子東
200 000 000=2
005 000 10×=6
広陵(広島県1位)
(米)土岐、岡本-長尾(広)森、石原、河野-秋山
▽3塁打 児玉(広)
▽2塁打 渡部(広)


初戦から、接戦に次ぐ接戦。
どんな状況でも、諦めることなく、また、驕ることなく、戦い続け、そして、他校のように潤沢に部員がいるわけではなく少人数の中、団結して、個とチーム力向上を目指し続けてきた結果であろうと思います。

中国から2.5枠である、春のセンバツ出場へ大きく前進しました。重い扉が開こうとしています。

473.jpg

474.jpg

475.jpg

476.jpg

477.jpg
2018年11月25日 | 大会 | トラックバック(0)件 |
プロフィール

米子東高校野球部OB会事務局

Author:米子東高校野球部OB会事務局
事務局を中心に更新します。公式ホームページとあわせてタイムリーな情報提供を心がけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR